大きな木

久しぶりに読みたくなって読んだよ。

f:id:zimuya:20170906235817j:plain

シルヴァスタインの名作を村上春樹さんが訳した絵本。

何回も何回も読んで、そのたびに感じ方が違う本。

ヨ様にもなんども読んでるけど「4年生の気持ちで読みな」と出してみた(ポケモン読んでて無視だけど)

どう感じるかは自由で、それを言葉にする必要もない、という春樹さんのあとがきが、凄く心の整理になる。そっか、って。

 

村上春樹さんの作品は、全部読んだわけではないけれど、読後感が好きで、なんとなく揺さぶられる。「国境の南太陽の西」が一番好きです。 


ところで、カバンにずっと放置気味でいた「東京島」がやっと読み終わりました。バスで移動したから。

f:id:zimuya:20170907001030j:plain

久しぶりに、面白い!と心から思える作品!これは映画化されるわけだわ。とにかくストーリーが、面白いね。