夏休みキター

東日本大会終わるー


結果もおわるー

ヨ様、1回戦は腹を効かせ一本勝ち、2回戦は腹を効かされ一本負け、人生初の担架。医務室到着の頃には吐き気も治り、元気になりました。くそー笑。

本人曰く、そのひと騒動が終わる頃に悔しさで涙出そうだったけど、いい加減号泣するのもおかしい年齢なので前大会から泣くのは我慢しているそうです。ふふふ。

軽量級なら力負けせずやれるかもという淡い?自信が不調を生んだのか、ガッツリ欠点よく見えました。神様、勝ったり負けたり、うまくやるよね。

ディフェンスやポジショニング、受けの徹底を夏休みに遊び的に体に覚えさせて(ステキな練習方法を思いついた)、それにいままで通りの攻めを加えていければ。さらに休みで時間あるからこそ、縄跳びしたり、柔軟したり、鏡練習したり、修正したり。こういう時期、必要ですな。あと、全然関係ないけど、冬に買ったグラグラスケボー、埃かぶってるからやってほしいなぁ。

我が子はそんな感じで冴えなかったですが、イベントごとはなんか楽しそうだし、まあいっか。少しのんびり稽古します。そして海行きます。キター



仕事でお会いしてみたかった人が、お会いしないまま急に天国に行ってしまいました。電話で何度か応対して、そのときのやりとりが大好きで、目上の方なのに私の変な一捻りトークで笑ってくれて。会ったらきっと大好きだっただろう。人なんていつ何があるか明日のことだって分からない。私の祖母が調子悪い時も、ずっと調子悪い人だったから、空手や仕事落ち着いたら、なんていつも通り思っていたら、次に会うときは布かけられて寝かされてた。そんなもんだから。会いたい人にはすぐ会うのがよい。